[太鼓の達人]マイバチ紹介!朴・米ヒバ・ラミン・黒檀・檜の特徴を紹介!

どうもこんにちは、フライドオニオンです。

今回は、僕のもっているマイバチの性能や木材の特徴などを、紹介したいと思います。

それでは、早速行きましょう!

マイバチとは?

まず、マイバチとは?という方のために一応説明しておきます。

マイバチとは、そのまんま自分専用のバチという意味で、中級者、上級者の人たちは大体使っている印象です。

私が思うマイバチを使うメリットは、

  • 反発が強く、速い曲を叩きやすい。
  • ロール(バチを反発させて連打を入れる)で点数が稼げる。
  • ロール処理(音符が詰まっているところを、反発を使い叩く)ができる

だと思います。

マイバチ紹介

それではマイバチ紹介のほうをしていきます!

まずは、僕の主に使うバチから紹介していきます。

1、朴

  • 太さ、18㎜ 長さ、40㎝ シングル特化のバチ
  • 特徴、シングル ロール ロール処理が万能的にできるバチ。かなり気に入っていて現在の主力バチとして使用中。

2、米ヒバ

  • 太さ、20㎜ 長さ、38㎝ 精度向けのバチ
  • 特徴、少し重く精度が取りやすい。シングル ロール処理はやりずらい。現在の精度バチとして使用中。

3、ラミン

  • 太さ、20㎜ 長さ、35.7㎝ 精度向けのバチ
  • 特徴、かなり重くロール ロール処理 シングル はとてもやりずらい。精度バチとしての性能だけは、ほかのバチに比べてずば抜けている。

4、米ヒバ

  • 太さ、18㎜ 長さ、36.5㎝ 万能型のバチ
  • 特徴、重さが丁度よく、ロール ロール処理 シングル 精度 すべてやりやすいが、短いバチなため、ほかのバチに比べて使う回数は少ない。

5、朴

  • 太さ、20㎜ 長さ、37.5㎝ 元主力のバチ
  • 特徴、ロールは入りにくいが、精度 ロール処理 がとてもやりやすく元主力として使っていたバチ。今は先端が欠けているためあまり使っていない。

僕がよく使っているバチは、このくらいだと思います。

次は、あまり使っていないバチを少しだけ紹介します。

1、黒檀

  • 太さ、20㎜ 長さ37㎝ ネタバチ
  • 特徴、とても重いバチ。シングルをしようとすると腕がパンパンになる。ロール処理 ロールはできない。

2、檜

  • 太さ、20㎜ 長さ、34㎝ サブバチ
  • 特徴、もともと40㎝で主力バチになりかけたバチ。しかし先端が割れて削りなおしたバチ。長さが短いためほぼ使わない。

こんな感じです。

それぞれの木材の特徴

それでは、それぞれの木材の特徴と、特徴にあったお勧めのバチを解説します。

この木材は、とっても反発が強く連打バを作るのに向いていて、ロール処理のやりやすさだけは格別のものとなっています。

しかし、入手難易度がとても高く値段も高いので、ガチ勢の人向けの木材という印象があります。

米ヒバ

この木材は、朴についで反発が強い木材で連打バチを作るのに向いています。

また精度バチとしても使える木材で、シングル ロール処理まで出来る万能的な木材です。

更に、入手難易度は低く値段も安いので、「朴はちょっと無理かなぁ」という人にお勧めしたい木材です。

ラミン

この木材は、とても重いのが特徴で精度バチ向けの木材になっています。

しかし、精度バチに向いている木材なだけあって、反発が弱いのでロールが入りにくかったり、ロール処理もやりにくいです。

ちなみに、入手難易度は低めです。

黒檀

この木材は正直に言うと、マイバチ向けの木材ではありません。

ラミンより重く、ロール ロール処理 シングル がやりにくかったり、とても固く削るのがまず困難です。

ちなみに、入手難易度は高めです。

この木材は、反発も重さも丁度いいので、万能的に使える木材という印象があります。

また、入手難易度はやや低く、少し折れやすいです。

まとめ

今まで話したことをまとめると、

  • 反発があるバチを作りたい人=朴、米ヒバ
  • 万能的に使えるバチを作りたい人=米ヒバ、檜
  • 精度バチを作りたい人=ラミン、(黒檀)

という感じになります。

これを参考にしてくれると幸いです。

それではさようなら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です