【太鼓の達人】マイバチの「グリップテープの巻き方」を紹介します。

今回は、マイバチの「グリップテープの巻き方」を紹介します。

ビニールテープだと滑りやすいので、やっぱりマイバチにはグリップテープを巻くのがおすすめです。

グリップを巻くときの注意点

まず、グリップを巻くときの注意点から説明します。

グリップを巻くときの注意点は、

  • 少し力を入れながら巻く
  • 下地のグリップもきれいに巻く

下地のグリップは、きれいに巻いたほうが後で楽なので、きれいに巻きましょう。

用意するもの

まず、用意するものを紹介します。

  • グリップ(下地用1つ、上地用1つ※長いバチの場合はそれぞれ2つずつ)
  • マイバチ(これがなきゃ始まらない。)
  • ビニールテープ(グリップを止める用)

グリップテープの巻き方

それでは、早速グリップを巻いていきます。

下地のグリップを巻く

今回巻いていくバチは、米ヒバの太さ20㎜ 長さ37㎝のものです。

まず、下地用グリップを半分に切ります。

半分に切ったら早速巻きます。

※このとき下地用は、グリップの巻き始めるところを少し開けてもいいです。

巻いたらビニールテープでとめます。

上地用グリップを巻く

それではついに、上地用グリップを巻いていきます。

まず、このグリップも半分に切ります。

半分に切ったら、グリップテープの止める部分を斜めに切ります。

(グリップテープをとめるとき、きれいに止めるため。)

そうしたら、早速巻いていきます。

巻いたらエンドテープでとめます。

後は、お好みでビニールテープで飾り付けしたりしてもいいですが、とりあえずここで完成です。

まとめ

今まで話したことをまとめると、

  • グリップを巻くときは少し力を入れて、引っ張りながら巻く
  • 下地用グリップを巻いたらビニールテープでとめる=下地完成
  • 上地用グリップを巻くときは、とめる部分を斜めにに切ってからとめる=上地完成

上のような感じです。

ちなみに、おすすめのグリップは

  • 1,haoグリップ(ゴムっぽく少し柔らかめなグリップ、耐久性もなかなか高い?)
  • 2,GOSENグリップ(布っぽくかなり固めなグリップ、耐久性が高い)
  • 3,YONEXグリップ(高いが品質がいい、使いやすさはとても高い)

です。

これを参考程度にしていただけると幸いです。

それでは、さようなら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です